創作

短歌の目7月 投稿します

締切の月末前に週末があるのはとってもありがたいことだと思います。 今月もよろしくご覧ください。 1. 透脱ぎたてのサランラップを想うもう透明じゃないとうめいである 2. ホイップ丸腰で行ってはならぬ肉の海、油の平野、ホイップの丘 3. 果しべのないカサ…

短歌の目6月 投稿します

遅刻だあ! 読んでいただけたらありがたいです! 今月もよろしくご覧ください! 1. クリーム肋骨をあらうクリーム 凹凸に忠実であることがプライド 2. 溝全力で眠ったあとのほっぺたに溝があるのも知らずに おやつ 3. 万緑右は雨左は晴れをわけあってセンタ…

短歌の目5月 投稿します

今月もよろしくご覧ください! 1. 青葉 なにさまか青葉のごとき増えかたをしても冬には枯れるものたち 2. くつ月光は幾多数多の屈折を経てぶらじるに届くものやも 3. カーネーション朝やけの科学の子にも祝福を カーネーションの味のミルクを 4. 衣春に着た…

短歌の目4月 投稿します

春の夜というのは短歌が捗るなと思いました。 今月も、よろしくご覧ください。 1. 皿 だしぬけにくしゃんと割れる皿に似た中華リッツをもてあそぶきみ 2. 幽霊白日に晒す道理はないという朧月夜に幽霊をみた 3. 入ここはまだ分煙家屋の入口できみがゆるせば…

短歌の目3月 投稿します

忙しい年度末ですが短歌のことを考えていると現実逃避できます。 今月もよろしくご覧ください。 1. 草みどりみどり ほうれん草を信じれば冬の訛りが巻きこんだ砂 2. あまあまもりの傘は右眼に春雨をわずか降らせて開花宣言 3. ぼたん家族四人、ひとつところ…

短歌の目2月 投稿します

考えているうちに春になりそうな。 今月もよろしくご覧ください。 1. 洗三十路には三十路の身体つきがあり洗濯表示を無視してわらう 2. 鬼プロテイン、プロテイン、って喧しい背中の鬼に納豆投げる 3. 入恋人に化粧ポーチを晒すとき入植者の目をしているわた…

短歌の目一月 投稿します

主催者の卯野さんには毎月締切ギリギリでお世話になっております。今月はなんと締切を過ぎてしまいましたが!ひとつよろしくお願いいたします… よろしくご覧ください。 1. 編ついさっきひとつのパイのおはなしが終わりましたまたパイを編む 2. かがみ(鏡、…

短歌の目12月 投稿します

間に合ってよかった、これで年が越せるってな感じです。よろしくご覧ください。 1. おでん年末をウィークエンドと言わしめておでん おまえと年を越すのか 2. 自由左から時計回りにやってきた自由なあの子がくれたラの音 3. 忘冬型の気圧配置の匂いなら忘れな…

短歌の目11月 投稿します

今月もよろしくご覧ください。 1. 本路地という路地には本初子午線の呪いが満ちて今日を仕上げる 2. 手袋小岩井の羊 六花を食むごとに偶蹄類の手袋を編む 3. みぞれ半分は東京行きの雪になり もう半分にみぞれ降る朝 4. 狐(きつね、キツネも可)狐火は電信…

一歌談樂vol.2 参加します

こちらの企画に参加します。 dottoharai.hatenablog.com 3番線快速電車が通過します理解できない人は下がって(中澤系) 「理解」とはどの部分の理解を指すのでしょうか。わたしは今のいままで「電車が来る危険」を理解できるかできないか、で考えていた。…

短歌の目10月 投稿します

遅ればせながら、10月も参加します。 よろしくご覧ください。 1. 渋駅前の渋滞緩和を考慮して、まず真っ先にスズカケノキを、 2. 容 気を抜けばこぼれてしまう危うさの容量わずか18リットル 3. テスト 夜ひとり 女系家族の嫁として腹を決めればテストステロ…

短歌の目9月 投稿します

短歌の目、第二期がはじまって嬉しいです。よろしくご覧ください。 題詠5首 1. 星 オールナイト 非行少女はスモッグの上に煌めく星を知ってる 2. 吹隣人は善人ばかり あなたにも山吹色のお菓子をあげる 3. はちみつはちみつのやさしさなんて無関係バウムクー…

なつやすみの宿題 投稿します

なつやすみの宿題は終わってるんだけど家に忘れてきました、などと毎年言ってたような気がする。 こちらの企画に参加します。よろしくご覧ください。 雷が蕾ゆらして百合の香 昨日、煙になったひとたち さっきからきみの頭の上にある柄杓がなにか零していま…

餃子

「母さん、どうしたの?父さんの部屋」 キッチンに降りていくと母は餃子を包んでいるところだった。ボウルの中に挽肉とピーマンが見える。ピーマン入りの餃子は父の好物だった。 「どうってことないわよ。ただなんとなく、父さんがふらっと帰ってくる気がし…

短歌の目2月 投稿します

やっとやっと第0回企画に追いついた。 わたしの参加は第1回からだったので、この第0回企画にもいつかは投稿したいとずっと思っていたのだった。 12月に短歌の目第一期が終了してからももやもやと短歌のことを考え続けて早2ヶ月、一年前の2月に行われたこの企…

無題

2016年2月27日 晴れのち雨 風邪ひいた 「検査が終わったわ。目を開けていいわよ」低くはっきりとした女性の声にゆっくり目を開けると、緑色の天井が見えた。視界の端には白い蛍光灯。頭を動かすと緑色の壁があり、自分がベッドに横たわっているのが確認でき…

短歌の目12月 投稿します

短歌の目第一期はひとまず終了とのこと、主催の卯野さんには大変お世話になりました。こんな楽しい企画を毎月運営していただいてありがとうございます! わたしはというと「趣味は短歌です」と言えるまであとひといきのところにきてしまいました…誰に言うあ…

短歌の目11月 投稿します

今月は難しかった… 作成期間中に短歌の本を何冊か読んでしまいました。それが吉とでるか凶とでるか。 よろしくご覧ください。 1. シチューこの街もじきにシチューに沈むから冷えたお鍋の底にさよなら 2. 声ここは天国じゃなかった、とおくから風呂焚きおんな…

シチュー日記

2015年10月12日 一日中、雨 北海道の上空に寒気 近所のスーパーではまだ「夏はカレー」のPOPが揺れているというのに、もうシチューのCMが流れ出した。CMの中では男が厳寒の漁港で鮭を買い、そこから山奥までは一体どのように運んだものか、深雪のロッジまで…

短歌の目10月 投稿します

今月も参加できました。うれしー! 生活が変わってからぼんやりと短歌を考えることができなくなって、そのかわりぱっと思いついたことをメモしてたんだけど、その貯金が今回役に立ちました。これからもこんな風にうまいこと続けていけたらいいな。 それでは…

娘に歯が生えたことについての日記

2015年9月7日 雨 半袖じゃちょっと寒くなってきたな 娘に初めて歯が生えたことを確認したのは5月の終わり、生後6ヶ月の日の朝だった。ハーフバースデイともいわれる記念すべきこの日に、どれちょっくら歯でも見てやろうかい、と唇をめくったら、下の歯が2本…

「短歌の目」9月 投稿します

今回で7回目の参加です。 よろしくご覧ください。 短歌の目第7回9月のお題と投稿一覧です - はてな題詠「短歌の目」 1.一錠 一錠で断捨離できるくすりです。 すぐ慣れるから大丈夫です。2.おい トラクタのウイニングランをおいかけて30 km/h( キロ )で国道を…

短編小説の集い「のべらっくす」第11回 青森にキリストの墓がある説

短編小説の集い「のべらっくす」に初参加します。 よろしくご覧ください。 <a href="http://novelcluster.hatenablog.jp/entry/2015/08/20/000000_1">【第11回】短編小説の集いのお知らせと募集要項 - 短編小説の集い「のべらっくす」</a>novelc…

「短歌の目」8月 自作振り返りです

「短歌の目」8月に参加しました。 短歌の目第6回8月のお題と投稿、怪談短歌です - はてな題詠「短歌の目」 誰かがわたしの短歌に書いた感想を読むこと、誰かが誰かの短歌に書いた感想を読むこと、誰かが自分の短歌に書いた感想を読むこと、そのどれも楽しん…

甲子園日記

2015年8月11日 くもり 湿度が高いよう 目が覚めたら試合が始まっていて、スマホを手繰り寄せて速報を見ると地元の高校が点をリードしているところで、高校生なのにわたしより働いてらあと思いながら洗濯物を干し、ふとテレビを見たら追いつかれそうで、わた…

エアコン日記

2015年8月10日 晴れ 今日も朝から暑かった 今日も朝から暑かった。思ったときにはもうエアコンのスイッチを押していて、だから今日がどのくらい暑かったかはよくわからない。とにかく暑かった。部屋から部屋へ、自宅からスーパーへ銀行へ、雨やどりをするみ…

蝉日記

2015年8月7日 晴れ 夏の暑い一日 洗濯物を干さむとてベランダに出ると必ず蝉が転がっていて、しかもその数は日ごとに増えている。丁重に弔ってやろうと仏心を出したときに限って、バタバタジジジとまだ生きてますアピールしてきたりして、それが最高に怖い。…

「短歌の目」8月 投稿します

6回目の参加です。今回はわたしのお題リクエストを採用していただきました。ありがとうございます! といってもなにか考えていたわけではなく、結果いつも以上に悩むことになりましたが… 自分がどう詠むかより、ほかの方がどのように詠んでくださるかのほう…

「短歌の目」7月 投稿します

5回目の参加となります。いつもお世話になっております。 七月六日はサラダ記念日です、今日聴いていたラジオで特集していました。 そういえばそうだ、折角だから間に合わせようと思って、急いで考えたところです。 よろしくご覧ください。 短歌の目第5回7月…

「短歌の目」6月 投稿します

はい。4回目の参加になります。 「短歌の目」に参加していると、自分が気に留めていなかった季節をも感じることができていろいろと考えさせられます。 参加者の皆さんの歌も毎回楽しみにしています。 今回もよろしくご覧ください。 第4回「短歌の目」6月のお…

「短歌の目」5月 投稿します

3回目の参加です。よろしくご覧ください。 第3回「短歌の目」5月のお題および投稿作品一覧です - はてな題詠「短歌の目」tankanome.hateblo.jp 1. うぐいす羽伸ばす女子高生とうぐいすの初音交わる春の放課後 2. 窓 窓を手にシェアするつもりで 気がつけばど…

「短歌の目」4月 投稿しました

「短歌の目」4月 参加しました。 「短歌の目」4月 投稿します - 乳飲子を小脇に抱えてkazagurumax.hatenablog.com 自作短歌の中に、詠めた瞬間おもわず小躍りしたくなる出来のものがあったので、自分でもその閃きを忘れないよう、解説と反省です。 1.入 入水…

「短歌の目」4月 投稿します

今回二回目の参加です。 第2回「短歌の目」4月のお題および投稿作品一覧です - はてな題詠「短歌の目」tankanome.hateblo.jp 1.入 入水する今日を追えども間に合わず、血飛沫あびてお先真ッ暗 2.粉 さよならと鱗粉置いて飛んでゆく 一緒に春を待ち侘びたのに…

面白い小説を読んだので感想です

2015年4月2日 晴れ 家中の窓を開けた 投稿はしていませんけれども、みなさんの作品を楽しく読ませていただきました。 【第6回】短編小説の集い 投稿作品一覧 - 短編小説の集い「のべらっくす」novelcluster.hatenablog.jp 自分の中で忘れたくないお話もいく…

はてな題詠「短歌の目」3月 作ったときのきもち

初参加しました。 3月の題詠短歌10首 - 乳飲子を小脇に抱えて 3月の題詠短歌10首 - 乳飲子を小脇に抱えて こんなに短歌を詠んだのははじめてだったけど、いろいろ考えることができて楽しかったです。投稿する前もした後も、気付かないうちに三十一文字を指折…

3月の題詠短歌10首

初参加します! 3月の題詠短歌10首および投稿作品ご紹介です - はてな題詠「短歌の目」 3月の題詠短歌10首および投稿作品ご紹介です - はてな題詠「短歌の目」 前回の企画がとても楽しそうだったけど、創作は初めてで躊躇してしまいました。 今回は参加させ…