読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この6月は

日記

2016年6月29日(水) 晴れ 蝉が鳴く

この6月は人のしぬのが多かった。わたしは喪服を着たり仕事を休んだりしながら一方で世間はジューンブライド、ドレスを着たりお祝いを用意したり、そこでふと、平常心で過ごす週末とはどんなものだったか、おそるおそる散歩へ繰り出せば、日曜夕方の運動公園は幼女を連れた父親しかいないのでありました。帰る道すがら初めてこの地を訪れた人のような気持ちになり素直に道路標識に従えばそこは一方通行で、そういえばこの世も一方通行よなあと悟ったそのとき左手には明るい家族計画の自動販売機がありました。今時珍しいこの自販機の隣は薬局ではなかったと記憶する。