読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おそらく20年ぶりくらいにたんこぶができた話

2015年4月15日 晴れ あたたかい、娘も春の羽織りものでお散歩させる

ホットケーキを作っていた。三度の飯の支度すらめんどくさいと思っていたのに、今日は無性にホットケーキが食べたかった。2枚ほど焼きあがったところで娘が泣きはじめ、寝かしつけたところでネコが遊んでくれとすり寄ってきた。おもちゃを持って二階に駆け上がり、じゃらして、また階下へ戻ろうと振り向いた瞬間、柱におでこを強打した。

おもわず頭を押さえていてーいてーと呻いているうち、ネコはどこかへ行ってしまった。慌てて手のひらを確認し、血が出ていなくて安心する。次に柱を見に行くと、白い木にわたしのおでこのファンデーションがついてしまっていた。それからかけていた眼鏡を検めると、縁に白い塗料がついてしまっていた。最後に鏡でおでこを見ると、柱の跡が赤くくっきりとつき、そしてそのまわりが腫れていた。目の上にたんこぶできた!

かなりの衝撃があったため、頭の中身が心配になって、ネットで症状を検索してみる。検索ワード“大人のたんこぶ”で出てくるのは、どれも書き出しが「恥ずかしいことにたんこぶを作ってしまいました」といったもので、自分がいかにマヌケか思い知ることとなった(知ってたけど)。2日間くらい様子見て、頭痛、吐き気、意識障害等なければ大丈夫とのこと。

保冷剤でおでこを冷やしながら、焼きかけのホットケーキをながめる。本当はバターとジャムとメープルシロップと生クリームでもりもりデコって、コーヒーで優雅にいただきたかったのに…。すっかり意欲を削がれた。悔しいからおもむろに1枚、生クリームをたっぷりかけて、やけ食いする。そのあとに胸焼けがきたのは生クリームのせいであって、頭がヘンになったからではないと思いたい。