読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの角の本屋の桜まで満開だったら、泣いちまおうかと思ったのでした

2016年4月23日(日)晴れ 晴れているけど寒かった。先週のほうが暖かかった、絶対。

夫は家族のだれよりも早く体調を崩し、自分よりも体調の悪い者がいようものなら「おれも喉いたいかも…」といいながらいちはやく体温計を取り出し、測ると実際に38度近くの熱があるからたちが悪い。結婚式のときに「病めるときも健やかなるときも…」とかなんとか誓いを立てて、そのときはそんなおおげさなと思っていたけど、病めるときというのがこうも多いとあの誓いもまあ必要かなという気がする。核家族の子育て世帯だから、単純に人手が足りなくなるのがきつい。あと彼は体調を崩すとあからさまに病人オーラを出すので、こちらの気分も滅入ってしまう。会社を休んで一日寝てたおかげで治ったよ、とはいかないらしい。ところで我々の結婚式は神前式だったから、「病めるときも健やかなるときも?」と牧師が問うてきたわけではなかった。けれども「誓いの詞」というのを二人で一緒に読みあげ、そのときにどこも似たようなことかいてあるんだなと思った記憶があるから、まあ似たようなことで誓いを立てたんだろう、だから末永く愛します。

 

先週の日曜は休日出勤の体力勝負で疲労困憊だったのだった。「花見日和の日曜に大変なこと頼んですまんのう」とは客から口々に言われたものだが、いいんですのよ代休もらえますから、平日にゆっくり銭湯でも行きますわ、ホホホ、とかなんとかがんばった。それにほら、桜の見ごろも来週あたりでしょう?お花見は来週ゆっくりするからいいんですのよ。そしたら客どもは「公園地の桜なんて今日あたり満開だっぺ。このへんは田舎だから桜の咲くのが遅いけど、公園地の桜なんて明日の雨で全部散っちまうっぺ」と言うので泣きたくなった。ここ数日わたしが見てきた桜は全然咲いてなかったじゃないか。知らないところで満開になりやがって。

仕事が終わったころには指先から腕から腹から腰から足まで痛かった。車に乗ってもすぐには発車できずに、鼻をかんだりしてから自宅へ電話した。すると母が出て、あんた、子どもが熱出して大変よ、今から坐薬打つわよ、後ろでは我が子が大泣きする声が聞こえて、ああかわいそう、どうにか楽にしてやって、それでタカシ君は?と聞くと、タカシ君は38度の熱が出て休日診療に行ったらインフルエンザの疑いありと言われてそれからずっと別室で横になっているという。はあ、じゃあわたしはこれから帰宅したら風呂掃除して洗い物して夕飯の準備して子にご飯食べさせて(風呂に入れるかは様子見てから考えて)、そういうことひとりでしなきゃいけないのね?そう思いながら車を運転すれば、公園地の桜は確かに満開で、遠方から来たみたいな観光客、出店に並ぶ人たち、小さい子を連れた家族はもうすぐ帰るところで、部活終わりの高校生は今から夜までブラブラ楽しむかみたいな、そういう毎年の花見の風景が確かにあって、これはもう、もう、あの角までは我慢して、あの角の本屋の桜まで満開だったら、泣いちまおうかと思ったのでした。

はたして角の本屋は満開の樹を一本抱えていて、ただしそれは、桜よりも真白なコブシだった。なんだ、よかった。子ぐまたちは、もしゃもしゃ、ぺちゃぺちゃ、花をたべます。そうして帰宅して二人の病人の面倒を見ながら、明日はわたしも会社休まなきゃならんなあと、思ったのだった(そこで代休を消化してしまったから、平日に銭湯に行く楽しみも奪われましたとさ)。

短歌の目3月 投稿します

忙しい年度末ですが短歌のことを考えていると現実逃避できます。

今月もよろしくご覧ください。

 

 

 


1. 草
みどりみどり ほうれん草を信じれば冬の訛りが巻きこんだ砂

 

2. あま
あまもりの傘は右眼に春雨をわずか降らせて開花宣言

 

3. ぼたん
家族四人、ひとつところに集まって四ツ穴ボタンを縫い留めている

 

4. 鳥
傷ついた鳥をつつんだペンギンのネイルアートの君の浅はか

 

5. 雷
雷はだれに呼ばれることもなくグラスにすこしの泡を残して

 

 

テーマ「捨」


前髪を眉毛で切り揃えるキャラを捨てる途中の君のいらだち

 

月曜はまた来るのだし缶もきみもそのままにして今日は眠ろう

短歌の目2月 投稿します

考えているうちに春になりそうな。

今月もよろしくご覧ください。

 

 


1. 洗
三十路には三十路の身体つきがあり洗濯表示を無視してわらう

 

 

2. 鬼
プロテインプロテイン、って喧しい背中の鬼に納豆投げる

 

 

3. 入
恋人に化粧ポーチを晒すとき入植者の目をしているわたし

 

4. チョコ
純白にチョコを散らかす踏む抉る油圧ショベルは春を探して

 

 

5. きさらぎ
北からの汽車は今年もきさらぎの半ばあたりで電車になった

 

 

テーマ詠「夢」


てのひらを子宮にあててねむる朝 永久歯ばかり舐めている朝

メタルのおっさん

2016年2月12日(日) くもり ずっと家にいたと思わせるようなくもりだった

拝啓 メタルのおっさん。おっさんは今年の仕事始めに顔を合わせたとき、「今年はメタル元年にしようね」といってにっこり笑った。わたしは、はい、ぜひ!と笑顔で返した、つもりだけどね、ほんとうは一昨年の暮れのころからわたしのメタル修行は始まっていたんだよ、メタル元年というならそれは去年のことだった。

一昨年の暮れにおっさんがくれた手書きのメモは職場に配達される新聞にはさまっていたなにかの広告の裏紙だった。元祖メタルともいえる4組のアーティストからおすすめのタイトルが一つずつ書かれていて、わたしはそれをにぎりしめて、職場から最も遠いゲオに向かった。おっさんのオススメにベストアルバムはなかった。そのころのわたしはテクノからプログレッシブに興味がうつったところで、メタルもその延長線のずっと遠いところに位置する程度とは思っていたから、まあちょっと聴いてみるのもいいもんかなくらいの気持ちでCDをレンタルして、一通り聴いたところで放置していたのだけれども、ある夏の日のドライブ、お気に入りのプレイリストも聴き飽きた、精神の高揚を求めたわたしは、アイアン・メイデンの『The Number Of The Beast』を流した。そして「Hallowed Be Thy Name」に辿りついたのだよ。

youtu.be

最初に聴いたときは演歌かと思ったけど、今でも結構そう思っている。すぐに口ずさめるギターメロディとかビブラートかけまくりのヴォーカルとか、とにかくきもちいい。これがメタルこれぞメタルと思ったものだった。気味の悪いジャケット、髪振り乱すマッチョのギタリスト、腕にはもれなく入れ墨が入っていて、観客はスキンヘッド。

それで次の日、わたしはおっさんに正直に申告した。「去年オススメされたCD、今更になってよくよく聴いてみたんですけどね、Hallowed Be Thy Name めっちゃいいですね」。

それからおっさんは、朝の掃除とお茶出しの合間にメタルの話をしてくれるようになった。時にはバンドメンバーの変遷の話、時にはライブの話、夏には夏フェスの話、秋には Hardwired の話。おっさんは Hardwired の発売を心待ちにしていたから、 Hardwired について訊くのが礼儀だと思った。「Hardwired どうでしたか?」「よかったよ、プログレっぽくて」「へえ、プログレには興味あるのでわたしも聴いてみよう」それで現在までまだCDすら手に取っていないわたしですが、冬になったときおっさんは大量のCDを貸してくれた。ドリームシアターメタリカ。それを一生懸命パソコンに入れながら、今このブログを書いています。(いい加減明日返そう) 敬具

二歳女児に『魔女の宅急便』をみせるべきたった〇つの理由

2017年2月5日(日) 晴れのちくもり 春のような日差しの中でも田んぼの氷は融けないのでした

二歳女児に『魔女の宅急便』をみせるべきたった〇つの理由:「ラジオ」我が家にはラジオがない、ラジオを聴く文化もない。そもそもあまりラジオを聴いて生きてこなかったので必要性は高くないのだけど、自分が選んだのではない言葉や音楽が低く小さく垂れ流されている空間には憧れがある。だから春までに買おうって今決めた。春からは二歳女児も保育園児になる。今より早起きしなければならないわたしの、モチベーションになりえるか?

 

ほらご覧これがラジオだよ、キキも持ってたよね。「喋るねこ」同居のねことよく会話しているから、それが普通だと思ってほしい。「動物がよく出てくる」ねこ、牛、カモメ、カラス、犬。「乗り物がよく出てくる」列車、貨物列車、船、自動車、バス、トラック、自転車、飛行船。色もはっきりしていてきれい。あと箒。「箒にまたがって飛ぶ」。「ワンピースを着ている」突然、ワンピースがどうとか言い出したので、どこで覚えたのかと思ったらこの作品だった。「海が出てくる」。「時計塔が出てくる」時計も出てくる。意識して見ていると何時に届けるとか何時に待ち合わせとかいう会話が結構出てくる。「宅急便のシステム」娘にお届けものを頼めるようになると便利だと思う。「パン屋が出てくる」おソノさんはここでもパンを運ぶ。「絵描きが出てくる」。「ジョンが外に出たがってるからドアを開けてあげる」同居ねこのためにもこれを覚えてくれると助かる。「電話応対を覚える」。「黒は女を美しく見せるのよ」。「濡れたまま寝ると風邪をひく」。「自転車を漕ぐ」三輪車の乗り方が理解できない二歳女児に、こんなふうに乗るんだよと説明できる。「アクションシーンが豊富」空も飛べるから動きが派手。「音楽がいい」オープニングやエンディングはもちろん、劇伴も口ずさんで楽しい。「キキの喜怒哀楽がはっきりしている」わかりやすくていい。

魔女といえども外国が舞台といえども、生活感あふれる画面が楽しいんじゃないかと思う。わたしは誕生日ケーキを受け取るところはいつも涙ぐんじゃうから直視できない。明日ゲオに返してくる。

短歌の目一月 投稿します

主催者の卯野さんには毎月締切ギリギリでお世話になっております。今月はなんと締切を過ぎてしまいましたが!ひとつよろしくお願いいたします…

よろしくご覧ください。

 

 

1. 編
ついさっきひとつのパイのおはなしが終わりましたまたパイを編む

 

 

2. かがみ(鏡、鑑も可)
手鏡で青海苔チェックしただけで乱反射する朝よ希望よ

 

 

3. もち
つきもちをふたつ齧ってきみのことどれから想い出そうって思う

 


4. 立
明け方の洗濯物よ立春はすべてのものにわずかやさしい

 


5. 草
雑草を引っこ抜いて「ラピュタ」ってわらったこともあった
バルス

 

 

テーマ詠「初」
初ゆきを降らせてふたり夜明けまでつちを見なくていいとおもった

続・タイトル無題

職員だと思っていたおっさんは受付を終えるとおもむろに袈裟を着て、5分くらいの小さいお経をあげますね、といった。いい声だったので多分本職で、副業で斎場の受付をしてるんだろう。和尚兼受付兼作業員。この斎場はおっさん一人で成り立っている。お経は出だしからむせていた。「先日から急に冷え込んだでしょう、だから年を取って弱ってたりすると急にガクッといくんでしょうねえ、さっきのワンちゃんもそうだったし」急に世間話をするおっさん。「ウサギさんだと、この2番目の大きさの骨壺がちょうどいいんじゃないかなあ、これ千円です。カバーは下にある、同じく千円のが同じサイズになってます。どうしますか?」兼営業のおっさん。「亡くなったペットを火葬しないでね、皮を加工して小物にするサービスもあるんだって」小さい声で知識を披露する妹。控え室には『ペットと訪れる日本全国の宿』とか、『世界の犬種図鑑』、『ペットと過ごすガーデニングをつくろう』とか、どういう気持ちにさせたいのかわからないけど本がいくつかあったので読んで過ごした。

みかんとビスケットだけでなく、チモシーとかペレットも入れてあげればよかったかな。あれをああして、これをこうしてあげればよかったかな。しかし死んでしまった本人はもうなにか持つこともなにか感じることもなく、「あげればよかった」というのは遺された人が悔いを残さないようにするためのひと区切りなんだって、去年の夏に知ったから、後悔はしないようにした。後悔は本人のためにはならない。

ヒゲとか尻尾の毛とか、なにか残しておこうか?妹は考えて、でもそれをやめた。まるごと焼いてもらって、小さなかけらまで全部拾って持って帰って、春になったら家の裏に骨を埋める、やがてそれは裏に生えてる山椒の木の肥料となって、ワラビタタキを作るときやウナギを食べるときに一役買ってもらおうという算段なのでした。家の裏には他にも、ハムスター2匹とウサギの子どもたちがねむっている。

骨壷には犬と猫と鳥とウサギのイラストが描かれていて、すこし安心した。帰りしな、母とおっさんは領収書の宛名と振込の件ですこし揉めた。